簿記3級合格に向けた勉強スケジュール公開【3月6日ネット試験受験】2月22日受験に変更!

今週火曜日に思い立ったので、簿記3級のネット試験をその日に即申し込みました。

ネット試験なら受験日は好きな日程を選ぶことができます。情報を集めたり、勉強時間を確保するために3月6日に受験に決めました。

このブログでは毎週日曜日に、3月6日まで簿記3級の試験までの過程を綴っていきます。

第1回目の今回は勉強スケジュール、勉強方法について

実際にこのスケジュール、このツールを使って勉強して合格できたら、これから勉強する方の参考になる。そう信じて記録していきます。

勉強スケジュール&勉強方法

スポンサーリンク

1月中に

ネットでも評価が高かったスッキリわかる 日商簿記3級 第11版 テキスト&問題集を1周読み切ります。

読み終わった時の理解度は40 ~ 50%程度を目指して、この後の問題を解く時に理解度を高めていきます。


※2月21日に新版(第12版)が出るようです。税金が10%に引き上げられた時など制度が変わると新版が出ます。最新の制度に合わせた簿記を勉強するために、購入する際は最新版を選んでくださいね。

2月1周目

一通り全体的に学んでからは演習を積み重ねていきます。ただ、昼間はサラリーマンで勉強時間を多く確保できないので、スキマ時間を使いながら解く問題数を増やします。

具体的には簿記3級のオススメ勉強ツール【無料過去問入手方法も】で紹介しているパブロフ簿記3級liteのアプリを使って演習を重ねます。

間違えたところはアプリ内の解説を読んだり、参考書を再度読み直すことで知識を定着させていきます。

2月2周目

ここで1度過去問もしくは模試を解きます。

「えっ?早くね?」

と思う方もいるかもしれませんが、いいんです。むしろ早めに本番形式の問題を解くことに意味があります。

なぜなら、敵を知り、自分を知ることができるから。具体的にはこんな感じ。

  • 敵を知る
    • どんな形式・構成なのかがわかる
    • どんな問題が出るのかがわかる
    • 気をつけるべきポイントがわかる(時間配分など)
  • 自分を知る
    • 合格に対して今の自分の立ち位置がわかる
    • 苦手な分野がわかる
スポンサーリンク

2月3周目

本番形式の問題を解いてわかった自分の苦手分野を重点的に補っていきます。

そこで使うのは、先ほどまでの参考書、アプリ、それに加えて新たなツールStudy Proを使っていきます。

Study Proは簿記3級の試験内容をわかりやすくイラスト解説してくれているサイトです。Study Proの詳細については簿記3級のオススメ勉強ツール【無料過去問入手方法も】で紹介しています。


なぜ体系的に学べる本が手元にあるのに、Study Proを使うのか?の疑問が湧くかもしれません。

この答えとして、苦手な分野については単純に理解が進んでいない、または自分が使っている参考書の記載方法が自分に合っていないという可能性があります。

同じ内容を書くにしても書く次第で書き方や図の使い方は異なるので、これまで勉強してきたポイントに対する異なる解説を見ることで理解しやすくする作戦です。

2月4周目

ここでもう一度、過去問または模試を解きます。目標点は60点ぐらいあればOK。(簿記3級の合格に必要な点数は100点中70点)

もし似た問題で複数箇所間違えていたら、それは自分が本当に苦手な分野。残り1週間で徹底的に詰め込みます。

3月1周目

前週の結果で分かった苦手分野を徹底的に詰めて、全体を最終確認すれば対策完了。

この時にはこれまで使ってきたツールを使って抜け漏れが内容に頭に詰めていきます。

3月6日

試験当日。テストセンターで受験し、その場で合否がでます。

ここで簿記3級合格する(予定)。

まとめ

直前に焦って睡眠時間を削りたくないので、計画的に勉強していこうと思います。

2月28日には簿記3級の紙試験予定されておりそこで受験する方であったり、僕と同時期にネット受験する方と励まし合いながらともに合格をつかめたら嬉しい。そんな思いで僕の進捗を綴っていきます。

Twitterではより頻繁に進捗を呟いているので、ご興味ある方は本ページ下部からフォローしてくれると嬉しいです!


それでは、また来週日曜日に経過報告しますので、乞うご期待!

スポンサーリンク
投資やお金のことについて毎日ツイートしてます!フォローおねがいします!