【もはやマナー】男のスキンケアのやり方とおすすめアイテム

今世界的に男性のスキンケアのトレンドがあり、日本でも若者を中心に化粧水や乳液を使用している人が多くいます。

日本人男性の化粧水使用率は2014年は11.9%だったのに対し、2020年では32.8%と3倍近く上昇しています。(参考:MarkeZine@DIME

でも、この記事を読んでいるあなたは、きっとスキンケアに対してこんな悩みを抱えているのではないでしょうか?

  • どうやってやるの?
  • 何が必要なの?
  • めんどくさくない簡単なスキンケアはないの?

今回はこれらの悩みをズバッと解決していきます!

スキンケアのやり方

洗顔から洗顔後の保湿までをこちらの順番で紹介します。

  1. 洗顔フォームと泡立て器を使って汚れを落とす
  2. ピーリング剤を使って角質を落とす
  3. 化粧水で肌に潤いを与える
  4. 乳液で肌から水がなくなるのを防ぐ
スポンサーリンク

洗顔フォームと泡立て器を使って汚れを落とす

洗顔フォームは薬局に売っているような男性用のものでもOKですが、男性用は爽快感やスッキリ感が味わえるような成分が入ってるものがあります。

この成分が肌荒れの原因になってしまうことがあるので、乾燥肌・敏感肌の方は女性用の肌に優しいものを使うべき。僕が長年愛用しているのはこちらです。青色のパッケージなので、男性も使いやすいのも推しポイント。

洗顔フォームがペースト状のまま使ってしまうとすすぎの時に洗い流しにくく、すすぎ回数が多くなります。そしてそれが乾燥の原因にもなってしまうので、しっかりと泡立てましょう。

泡立て器という便利なアイテムがあるので、こちらを使用してください。

わざわざ泡立てるのはめんどくさいよ!というあなたにはピッタリの製品があります。ワンプッシュで泡の状態で出てくるこちらの洗顔剤。

僕も使ったことがありますが、朝の時間がない時なんかにはこれが大活躍してくれます。

ピーリング剤を使って角質を落とす

ピーリングとは古くなった角質を落とすこと。ピーリングすることで肌の新陳代謝を高め、ニキビやしみなどの肌トラブルを改善できます。

頻度多くしてしまうと逆に肌に刺激を与えてしまうので、多くても週2のペースでOK。鼻やほっぺたからポロポロと角質が取れて、肌に艶が出るのはとても気持ちいいですよ。

濡れている時には使えないものが多いですが、これなら低コストで濡れてても使えるので、使いやすさ抜群です。

化粧水で肌に潤いを与える

洗顔後やピーリング後、さらには毎朝の髭剃り後の肌は傷ついていたり水分不足状態です。

そんな肌には化粧水で潤いを与えてあげましょう。これが今まで使った中で最もコスパが良い化粧水です。

この後の乳液との相性も良いので合わせて買うことをオススメします!

スポンサーリンク

乳液で肌から水がなくなるのを防ぐ

化粧水で肌に潤いを与えたら終わり?違います。化粧水だけでは化粧水の水分がすぐに蒸発してしまい、結果乾燥を引き起こします。

乳液には化粧水で与えた水分の蒸発を抑えて、肌の潤いを維持する役割があります。

乳液なら化粧水と合わせてこちらがオススメです。

ここまで読んできて

化粧水と乳液両方するのめんどくさくないですか?そんなあなたには、1つで化粧水と乳液両方の働きをしてくれるオールインワンジェルがピッタリです。

色々使ってきた僕がたどり着いたのがこちらです。今は毎朝の髭剃り後、毎晩の風呂上りに必ず塗ってます。長い時間効果が持続するので、これを使っていると肌トラブルがないので最高のスキンケアアイテムです。

最後に

彼女や友達、同僚に肌が汚くて避けられるよりも、日々のちょっとしたケアで良い印象を与えましょう。

スポンサーリンク
投資やお金のことについて毎日ツイートしてます!フォローおねがいします!