【コロナが追い風に?】PCR検査キット販売10社の株価推移を比較(前編)

2020年はコロナの影響で株価が暴落している企業が多い一方で、それを他所目に株価上昇を続けている会社がありました。

その会社はPCR検査キットを販売している会社

世界中でコロナ感染を判別する検査キットは3, 4月ごろから脚光を浴び、今の医療において必需品となりました。

すなわち、トレンドと需要が見事に掛け合わされ、PCR検査キットを販売している企業の株価上昇の後押しとなったのです。

今回はそんなPCR検査キットを販売している企業の株価チャートを見ていくとともに、

今回の教訓を生かして、次にコロナのような未曾有の事態が起きた時に、

  • どんなポイントに着目して株で利益を得るか
  • 投資タイミングをどのように決めるか

について、前編後編に分けて考察します。

はじめに僕の簡単な自己紹介を。詳細はこちら


まさ男
まさ男
28歳の理系院卒で現在東証一部上場企業の研究職サラリーマン
2018年4月、奨学金360万の借金を背負って社会人生活スタート
社会人3年目でようやく資産がプラスに

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

株価チャートからPCR検査キット販売会社10社を比較してみた

チャート

今回比較する企業一覧は、検査キットの販売承認が早かった企業10社について比較していきます。

選定企業は厚生労働省のHPにある新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の承認情報をもとに選出し、ウイルス検出の原理として核酸増殖法を使っている企業で比較しています。

核酸増幅法とはまず、ウイルスの遺伝子の一部を切り取ってそこを増幅させるような仕組みの検査液を作ります。
— 中略 —
PCR検査も核酸増幅法の1つです。

大宮エヴァグリーンクリニックHP
スポンサーリンク

選定企業10社

承認順承認日企業名検査キット名ウイルス検出法
1R2.3.27シスメックス株式会社2019-nCoV 検出蛍光リアルタイムRT-PCR キットRT-PCR法
2R2.3.31栄研化学株式会社Loopamp新型コロナウイルス
2019(SARS-CoV-2)検出試薬キット
LAMP法
3R2.4.7ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社コバス SARS-CoV-2RT-PCR法
4R2.4.20ライフテクノロジーズジャパン株式会社TaqPath 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) リアルタイムPCR検出キットRT-PCR法
5R2.5.8ベックマン・コールター株式会社Xpert Xpress SARS-CoV-2「セフィエド」RT-PCR法
6R2.5.21株式会社医学生物学研究所MEBRIGHT SARS-CoV-2キットRT-PCR法
7R2.6.2ビオメリュー・ジャパン株式会社FilmArray 呼吸器パネル 2.1RT-PCR法
8R2.7.2東洋紡株式会社ジーンキューブ SARS-CoV-2RT-PCR法
9R2.7.31東ソー株式会社2019新型コロナウイルス RNA 検出試薬 TRCReady SARS-CoV-2TRC法
10R2.8.17株式会社ダナフォームSmartAmp新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出試薬キットSmartAmp法

ウイルス検出法で疑問を持たれたかもしれませんが、検出原理は核酸増殖法であり、核酸増殖法の中にRT-PCR (リアルタイムPCR)法やLAMP法などが含まれるといった構図になっています。

前編である本記事では前半5社の結果を、後編では後半5社の結果とその結果から

  • どんなポイントに着目して株で利益を得るか
  • 投資タイミングをどのように決めるか

をご紹介します。

シスメックス株式会社

  • シスメックス株式会社
    • 設立:1968年2月
    • 上場:1995年11月
    • 特色:検体検査機器・試薬で高シェアを誇り、米国など世界的に展開している。ライフサイエンス分野での研究開発強化を行っている。
    • 東経業種別時価総額順位:ヘルスケア製品・サービス 4/132社

直近1年の株価チャートはこちら。

2月~3月にかけてコロナ感染拡大の影響を受けて株価が下落しています。

しかし、3月27日にシスメックス発出のNews Releaseにて、国内で初めて新型コロナウイルス検査キット(RT-PCR 法)の薬事承認を取得した事が報道されると瞬く間に株価が上昇しました。

その後も上昇を続け、今年に入り1株当たり13000円の高値をつけました。

3月中頃がおよそ6500円だったので、わずか1年で2倍にまで株価が成長しました。

栄研化学株式会社

  • 栄研化学株式会社
    • 設立:1939年2月
    • 上場:1990年1月
    • 特色:臨床検査薬大手。便潜血検査試薬(OC)はシェア6割超を超え、尿検査、遺伝子検査も成長中。
    • 東経業種別時価総額順位:ヘルスケア製品・サービス 33/132社

直近1年の株価チャートはこちら。

栄研化学株式会社はシスメックスほどは大きく値上がりしておりません。

それでも3月18日の『Loopamp 2019-nCoV 検出試薬キット』発売に関するお知らせの前後で株価を見ると、

  • 3月18日の終値:1655円
  • 3月19日の始値:1935円

と一夜にして280円もの株価上昇が確認できます。

日本株は100株単位での取引なので、同社株を持っていると一夜にして最低でも28000円の利益が得られたことになりますね。

チャートでは10月付近にも株価が上昇しています。詳細に見ると、上昇した日は10月2日であり、この日は新製品の販売のお知らせが同社よりNews Releaseされています。

コロナとは直接関係のない商品ではありますが、新製品に期待が集まった結果、株価の上昇がみられたと推測できます。

スポンサーリンク

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社

  • ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
    • 設立:1998年8月
    • 特色①:製薬企業大手・ロシュグループの診断薬事業部門の日本法人。
    • 特色②:ロシュグループは1896年に創業したヘルスケアカンパニーで、現在、医薬品と診断薬・機器事業をビジネスの主軸としている。

上述の通り、製薬企業大手のロシュグループのグループ会社であり、同社は非上場です。

参考までにロシュHDの株価推移を示します。

多くの製薬企業に言えることですが、3月~4月に株価が下落し、比較的早い段階で株価が回復、その後コロナ前の株価下落前の水準を維持しています。

苦境時にヘルスケア関連株が強い、と言われるのも頷けます。

ライフテクノロジーズジャパン株式会社

  • ライフテクノロジーズジャパン株式会社
    • 設立:1993年7月
    • 特色①:先端医療機器 & テクノロジー大手・サーモフィッシャーサイエンティフィックのグループ会社。
    • 特色②:ライフサイエンス研究用試薬・機器の輸入販売、受託サービス(生産・研究)などが事業の中心。

こちらも非上場なので、親会社のサーモフィッシャーサイエンティフィックのチャートを見てみましょう。

通例通り、3月ごろに株価の下落が見られましたが、わずか1年の間で最小260$あたりだった株価が、2倍の520$を超えるところまで暴騰しました。

分析機器や診断薬、さらには実験試薬など、ヘルスケア全般に幅広く事業を行っているので、やはりその強みが今回の苦境時にも効果を示した、と言えます。

ベックマン・コールター株式会社

  • ベックマン・コールター株式会社
    • 設立:1998年
    • 特色:臨床検査分野、ライフサイエンス分野という2つの分野で事業を構成されている。臨床検査分野では幅広い検査に対応する分析装置・検査試薬等を提供、ライフサイエンス分野では実験機器・試薬等を提供している。

こちらの会社は非上場、親会社がある会社ではないため株価チャートはありません。

前編まとめ

  • PCR検査キット販売承認取得、等のNews Releaseが株価に大きな影響を与える
  • 苦境時であってもヘルスケア分野の株価は強い

こんなことが今回の5社を見ただけでも言えそうですね。後半5社の結果も合わせるとさらに深い考察ができるはずです。

残念ながら前編では非上場の企業の割合が多かったですが、後半は5社中4社の株価チャートを示しますのでお楽しみに!

※本内容はあくまでも個人的な見解です。投資は自己責任のもと実施していただくようお願いします。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

スポンサーリンク
投資やお金のことについて毎日ツイートしてます!フォローおねがいします!