【配当金生活を夢見る会社員】6月の配当金収入は?オススメ配当金管理アプリも紹介!

6月は持っているETFや勤め先の持株会で毎月少額積み立てている自社株の配当金が付与されました。

配当金生活を送るには、毎月の配当金が毎月の生活費を上回れば可能です。

僕の毎月の支出はおおよそ10 ~ 15万程度なので、毎月の配当金としてこの額以上を得ることができれば、夢の配当金生活の達成です。

それでは6月はいくらの配当金が得られたのでしょうか?ご紹介していきます。

6月の配当金収益

気になる配当金収益はこちら。これは楽天口座の配当金の記録で、米国高配当ETFや日本の個別株から少しづつ振り込まれていました。

今の為替が1ドル当たりおおよそ110円なので、トータルで5200円程度ですね。

持株会は別の証券口座で取り扱っているので、ここには記載されていません。配当金額は税引き前で14700円、20.315%の税金が引かれて税引き後は11714円でした。

楽天証券と持株会合わせて6月は17000円程度の配当金が振り込まれました。

配当金生活はまだまだ夢の夢ですね。コツコツ積み上げていくしかありません。

スポンサーリンク

年間配当金予想額

税引き前で7万円程度です。月平均だと6000円に満たない程度ですね。

毎月15万円の配当金を得ようと思うと、この25倍の投資が必要・・・と思うと正直絶望です笑

今後の投資方針

今後は今も所有している米国高配当ETFであるSPYDやHDVをコツコツ積み重ねていくことを考えています。

ただ、今株価が高値で推移しているので、追加で購入するのはもう少し様子見してからですね。

株価が下がった頃に追加で投資できるように今はキャッシュを手元に置いておきます。

最後に

配当金総額を示すために、この画像を使いました。これすごい直感的にわかりやすくて良くないですか?

このアプリは「配当管理」というアプリです。

「配当管理」のオススメポイントはこちらの2点。かなりシンプルで扱いやすいアプリなので、自信を持ってオススメします。

  • 配当金の金額やいつ振り込まれるかを見える化
  • 証券口座との連携は不要なので、セキュリティ的にも安全
配当管理

配当管理

Takanori Ochiai無料posted withアプリーチ

このブログでは20代の一般サラリーマンの資産形成の過程を綴っています。

こちらには各月の資産状況の推移を書いているので、合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
投資やお金のことについて毎日ツイートしてます!フォローおねがいします!