20代サラリーマンの2021年6月資産状況

しばらくブログから離れていました。久しぶりに資産状況を報告しようと思います。

前回報告は今年の2月月初だったので、あれからどのようになっているのでしょうか。

2月時点での状況はこちらの記事にまとめてますので、ご興味あれば。

関連記事

2021年2月月初の資産状況を報告します。先月時点での資産状況はこちらです。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://masaoair.com/2021-01 target=]僕が資産を公開する理[…]


僕が資産を公開する理由は、資産を増やしたいと考えている同世代のサラリーマンに資産運用を始めるきっかけを作って、一緒にお金持ちになりたいから。そのためにごく普通のサラリーマンである僕自身の資産状況や資産運用について公開しています。

まずは簡単な自己紹介です。


まさ男
まさ男
28歳の理系院卒
現在東証一部上場企業に勤める研究職サラリーマン
奨学金360万の借金を背負って社会人生活スタート
社会人3年目でようやく資産がプラスに
お金のことや資格試験受験過程を発信中

2月から6月の資産変化

2月月初時点と6月月初時点での純資産の比較です。この4ヶ月でどう資産は変わっているのでしょうか。

資産・負債項目2月月初
金額
6月月初
金額
増減
資産1現金預金23929811932037– 460944
資産2証券口座15696072418761+ 849154
資産3仮想通貨064211+ 64211
負債奨学金返還残額25190952431747– 87348
総資産合計14434931983262+539769

4ヶ月で50万円以上資産の増加が得られました。コロナショックで暴落した時に購入した株やETFが息を吹き返してきて多くの含み益を出してくれているおかげです。

なお、ここには各種ポイントや持株会、確定拠出年金は含めていません。ポイントは楽天ポイントとdポイントをメインで使っており、2つ合わせて4.5万ポイント程です。

スポンサーリンク

2021年の資産推移

毎月月初に計算している資産の推移を示します。毎月劇的ではないですが少しずつ増えています。

基本的に現金は150万円あれば良い、と考えています。なので150万円を超えた分は投資に回す方針をとっています。

150万円のキャッシュが手元にあれば、たとえ半年仕事ができなくて生活ができなくても十分生きていけると思っているので、150万円を生活防衛費として確保しています。

生活防衛費を確保することで、持っている株価が暴落しても落ち着いて対応できます。生活防衛費を確保した上で投資を行うのがオススメの投資法です。

まとめ

2月から6月の4ヶ月の資産の変化を報告しました。皆さんの資産ももしよかったら教えてくださいね。

また来月も書くのでみてね!と言っても今書いているのが6月26日なので、もう直ぐですね笑

来月も見てもらえると嬉しいです。

最後に

僕のスタイルは、基本投資信託やETFなど、複数の企業がまとめられた銘柄を毎月積み立てるスタイル。

理由はこの3つ。

  1. 日中はサラリーマン業務のため何十社、何百社のデータをみて投資先を決めることは非合理的
  2. 投資の基本である分散投資を効率良く実行できる
  3. 短期間で1度の爆益を得るよりも、長期スパンで堅実に資産を増やしたい

暴落時、バブル時も淡々と毎月積み立てを行なっていきます。

スポンサーリンク

株式投資をこれから始めたいあなたへ

初めて株を買う時は僕もとても不安でした。なので、初めての株はよく知っている日本の企業を買いました。

でも、日本株は100株単位での取引が一般的というのはご存知でしょうか?

なので、株価が3000円の企業の株を買おうとした時、3000円×100株=300000円が最低でも必要になってくるのです。

投資初心者からすると、こんな額を一度に投資するのは怖くないですか?

SBIネオモバイルなら日本株も1株から投資できるので、無理のない額でよく知っている日本の企業に投資することができますよ。

また、ネット証券口座開設数No.1で550万人以上が利用しているため安心して使えますし、Tポイントを株の購入に充てることができます。

投資の第一歩として、SBI証券から初めて見るのはいかがでしょうか?

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】
スポンサーリンク
投資やお金のことについて毎日ツイートしてます!フォローおねがいします!