20代サラリーマンの資産と今後の運用方針【2021年1月時点】

昨年から株式投資で資産運用を開始しました。

僕と同じように資産を増やすことを考えている同世代のサラリーマンに向けて、今の資産運用方針を公開することで少しでも貢献できれば嬉しいです。

今回は2021年1月時点での資産状況や今後の運用方針についてご紹介します!

その前に簡単に自己紹介を。詳細はこちら


まさ男
まさ男
28歳の理系院卒
現在東証一部上場企業に勤める研究職サラリーマン
2018年4月、奨学金360万の借金を背負って社会人生活スタート
社会人3年目でようやく資産がプラスに


これまでの資産推移はこのようになっています。2020年後半に資産がようやく奨学金の返済残額を含めてもようやくプラスに転じました。(当時の預金や証券口座の残額が参照できなかったのでデータはありません・・・)



20代サラリーマンの資産と今後の運用方針

資産運用
スポンサーリンク

資産状況(2021.01.06時点)

資産・負債項目金額
資産1銀行預金2613321
資産2証券口座入金額1257384
負債奨学金返還残額2540932
総資産合計1329773

ここには記載してない資産として持株会、確定拠出年金、各種ポイントがあります。

ポイントについては具体的にはこちらのサービスを利用しています。

  • 楽天ポイント
  • dポイント
  • Tポイント
  • ポイントサイト(ハピタスなど)

トータル5万ポイント(1ポイント=1円)ほど所有しています。

負債に関しては、360万円の負債を背負って社会人生活をスタートしました。

先月50万円の繰上げ返還しましたが残り250万円ほどが残っています。まだまだ借金生活は続きそうです。

車は所持していますがローンは払い終えていますし、社宅住まいなので住宅ローンもありません。

今後の運用方針

基本的に「独身の間は最低限150万円を現金で確保して、その他を投資に回す」と言う方針で進めていきます。

150万の現金預金を確保する理由は、積立投資を含めた毎月の出費が20万円程度なので、不測の事態で仕事ができなくなった場合でも半年は生きていけるだろう、と言う計算です。

これを生活防衛資金と僕は読んでいます。生活防衛資金があれば心に余裕を持つ事ができ、株価の急落に狼狽える事なくコツコツと積立を実行できます。

さて、具体的な投資先ですが、

  • S&P500、TOPIXなどのインデックス投資信託への積立投資
  • 米国高配当ETFへの積立投資

この2点をメインで行なっていきます。

いわゆる複数社の株のまとめセットである投資信託やETFに投資する理由は、

  1. 日中はサラリーマン業務のため何十社、何百社のデータをみて投資先を決めることは非合理的
  2. 投資の基本である分散投資を効率良く実行できる
  3. 短期間で1度の爆益を得るよりも、長期スパンで堅実に資産を増やしたい

以上の3つが投資信託やETFに投資する理由です。

サラリーマンである以上、効率良く、かつ毎月ロボットの如く一定額を入金していく投資法が自分には合っていると思いますし、多くのサラリーマンにとってもこの投資法はオススメできます。

高配当ETFについては最近気になっている投資先で現在勉強中です。投資銘柄については3択に絞れていますので、どの投資先にしたのかや運用実績等について今後本ブログで報告していきます。

2021年の目標

年初めという事で、今年の目標を。

  • 配当金で月1万円の収入を得る
  • ブログで月1万円の収入を得る
  • FP3級の資格取得
  • コロナが落ち着いたら海外へ短期語学留学へ行く
  • 1年間楽しむ!!

という5つの目標を掲げてお金のことなど諸々取り組んでいきたいと思います。

本業以外に収入源を増やして、少しでも早くお金に対する不安を解消したいと心の底から考えています。まずは配当金、ブログからの収入確保を目指します!

語学留学は昨年のGWに計画していましたが、コロナ感染拡大で中止に。今年こそは!と意気込んでいますがどうなることやら。。。

何はともあれ楽しんで、笑顔で1年過ごせたらいいなと思います。

今後とも暖かく見守っていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
投資やお金のことについて毎日ツイートしてます!フォローおねがいします!